新潮文庫 nex

YOMIMONO 読み物 小説、エッセイ、著者インタビュー、等々。新潮文庫nexが贈る特別コンテンツ。

■登場人物紹介
お星(おほし)
十八世紀、地方の町で暮らす女の子。十六歳。ひょんなことから無人のタイムマシンを山中で見つけた。父は岡っ引き(詳しくは『トリモノート』を)。

舟彦(ふなひこ)
お星の幼なじみ。同い歳。親は文具屋。学者先生の家で働いていたことがある。感化されて、一人称は「ぼく」。タイムマシンの中にあるいろんなアイテムを研究中。

【第四問】
次に登場するXXXXXXXXが何か、当ててください。二十一世紀のみなさんがよく知っている道具です。お星たちは十八世紀の人間だから、それが何かわかっていないようですが。

 十八世紀のある日。
 舟彦、店番中。
 店には舟彦とお星が二人きり。二人は机をはさんで座っていた。
 いま、お星は呆れていた。舟彦が得意そうにXXXXXXXXを頭にかぶっていたからだ。お星はあらためてはっきりと指摘した。
「うち、それはそうやって使うんやないと思う」
 舟彦は動じない。
「おいおい、この形だぞ。おそらくこうやって使うものだと思うがね。見映えがするだろう?」
XXXXXXXXはこれまた、タイムマシンから舟彦が持ってきたアイテム。その形状をヒントにして、舟彦はXXXXXXXXが海外で定着しているファッションだと考えた。で、自らそれを頭にかぶってみたのであった。
「めっさ見映えせんよ」
「見慣れればそうでもないはずだ。それに、少々見映えせずとも、きっと雨をしのいでくれる。実用的な代物さ」
「ほうか? それ、いまにも落っこちそうやけど?」
「いや、そう見えるかもしれないが、意外と……」
 ぽとりっ。
 舟彦が身体を揺らした拍子に、XXXXXXXXは机の上に落っこちた。
 顔を赤らめて言葉を足す舟彦。
「……本来は紐をつけて、顎のところで結ぶのであろう。そうすればこういうふうに落っこちることもあるまい。どうだ、お星も使ってみるか?」
「いやじゃ。けたくそわるいわ」

 お星たちがそんな会話をしていると、
「あのゥ、ごめんください」
 突然、店先から声が聞こえた。

 お星が振りかえると、店先には一人の婦人がいた。客が来たのである。
 お星はとっさに机の上のXXXXXXXXを気にした。この町で見慣れないアイテムについて、なんといわれるかわかったものではない。ややこしいことにならないよう、一応隠しておこうと考えた。
 けれども、お星の手が動く前に、客はさっさと店の奥にやってきた。XXXXXXXXが落ちている机を目の前にして、
「墨を買いたいのですが……」
 などといって、何事もなく買いものをはじめた。机の向こうで、ぎこちなく客に応じる舟彦。彼もXXXXXXXXのことが気がかりのようだ。
 だが、見慣れないはずのXXXXXXXXがずっと机の上にあったにもかかわらず、客はそれを気にしていない様子。やがて買い物を終えて、XXXXXXXXには一言も触れず帰っていった。
 お星はつぶやいた。
「ほらほうか。なんちゃいわれんで当たり前やな」

 さて、XXXXXXXXとは何か?


【答え】 クリアファイル
 クリアファイルを広げると、頭巾・フードあるいは兜のような形になる。この形をヒントにして、舟彦はクリアファイルを頭にかぶるものと思いこんだのであった(ちなみに数日後舟彦はクリアファイルが文房具だと気づくことになる。そのときに彼が味わった恥ずかしさはご想像に任せる)。  客がクリアファイルに気づかなかった理由だが、落ちついて考えるとお星にもよくわかった。簡単な話で、クリアファイルが透明だから、客に視認されなかっただけだ。

「冷や冷やしたね。こんなものが見つかったところでべつに騒ぎにはならないと思うが」
 と、舟彦。
「うちも冷や冷やしたわ。けどそれ、色がないけん、よほど気をつけんと見えん。冷や冷やせんでよかったんじゃ」
「水のように透け、水のように柔らかいから〈水兜〉と名付けよう」
「ほんまそれ頭にかぶるもんか?」
お星はその点にこだわった。が、舟彦はお星の言葉を気にせず、思いだしたようにいう。
「よほど気をつけんと見えん……か。もしいまのが渦之丞さんだったとしても、やはり見つからなかっただろうか?」
 渦之丞というのは、お星の父とはべつの、もう一人の岡っ引き。かつてはイカサマ賭博で暮らしていたが、いまではお上から厚く信頼されている男だ。
「あー、それはどっかなー」
 目ざとい渦之丞なら見つけていたかもしれない。
 舟彦は岡っ引きとしての渦之丞について、いろいろと思いを持っていると見える。
「いまから〈水兜〉をつけて渦之丞さんに会いにいき、試してみようか?」
 にやにやと冗談まじりに舟彦がそういい、クリアファイルを広げて頭にかぶった。とても不安定。「いまにも落っこちそう」とお星がいうのも無理はない。何より、ださい。ださすぎる。ださださである。
「いや、〈水兜〉はほとんど見えんけど、あんたの髪がおかしなっとるんはよう見える。頭にかぶっとったら、うちでもすぐ気づくわ」
 二人は腹を抱えて笑ったとさ。

 さて……ここでお星は、笑いながらぼんやりと考えた。渦之丞は気づくかもしれない。しかし同じ岡っ引きでも、自分の父なら抜けていて、たぶん気づかないだろう、と。でもお星は、だからといって父をとりたてて悪くは思わなかった。目ざといかどうか、そんなことは岡っ引きとしていちばん大切なことではないと思うからだ。異国の雑貨を使いこなすのも、いちばん大切なこととはまたちがう気もする。
 といっても、何がいちばん大切なことかと問われても困ってしまうが。
 岡っ引きにとっては、何がいちばん大切なんだろう。お星は思いを馳せた。今日だけではない。お星はそんなふうなことをしばしば考える。(終)

第一問第ニ問第三問