新潮文庫 nex

YOMIMONO 読み物 小説、エッセイ、著者インタビュー、等々。新潮文庫nexが贈る特別コンテンツ。

201608yomyom.jpg (1)お互いの第一印象をお聞かせください!
ミレディア(以下・ミア):物音だけ聞こえてたときは、「………なにか、いる…」っていう…。でも私、墓掘りが趣味ですし、人見知りの幽霊ならむしろ仲良くなれると思って…。会ったときは、……ひどく悲しい気持ちでした。
道化師:……。……さびしげで、どこかもろくて目が離せない、……あと…やっと見つけたと…(*取材者註:それきり黙る)。

2)ミレディアさんは最初道化師さんを女の子と勘違いされていましたが(あっ道化師さんが取材者を睨んでますね…)、男の子だなあと意識した瞬間はありますか。
ミア:抱っこされて持ち歩かれるのは嫌いらしい、というところ。少しは移動が楽かなと思って…。
子供扱いと感じて嫌がるのかなとも考えましたが、膝枕だとじっとしているので…。?…男の子は難しいです。

(3)道化師さんはミレディアさんの香りに強く惹きつけられていた印象ですが(また道化師さんが取材者を睨んでますね…)、ミレディアさんは何か特別な調香を?
ミア:いえ? 何も。だいたいギィは「香水を俺に移すな、帰れ!!」ってよくきれいな女の人をふってるし、特に戦場なら「居場所がばれんだろ馬鹿ミア!」って首をしめられてるはず。…………でも…(でもアキが前に「花のにおいがするね」って奇妙なことをいっていたわ…)。……。

(4)ミレディアさんが途中、道化師さんの木枷をノコギリでゴリゴリやったり、道化の面を泡だらけにされていましたが、「これならイケたかもな!」と他に挑戦したかった方法はありますか。
ミア:ギィ直伝、渾身の居合抜き。難点は実戦経験ゼロの私だとたぶん中身も死んでしまうところ(*道化師、ミレディアの背後でおののく)。
それか体を小さくする秘薬を開発・投与(そちらの世界のアリスのケーキなどが非常に参考に)。空豆サイズになれば木枷もゆるみ、道化師セットが脱げるのではと…。呪いがとけなくても、手のひらサイズの彼は大変かわいいと思います(*道化師、憤然とする)。その後成長薬を投与…でも間違えれば私より年上になってしまうかもしれないから…(*道化師が興味を持つそぶりをする)。難点は投与方法で…、面で飲み薬はだめ、注射針も通らない服…。やっぱり座薬しか…(*道化師去る)。

(5)最後に、読者の皆さまへのメッセージをお願いします!
ミア:また…いつの日かお目にかかれますように。皆様にも…。
…鎖と木ぐつの…あの子にも…。
道化師:…。この先、ミア…さんと再会する日がきても、…僕が道化師だったとは言わないでほしいと思います。それだけは…。