新潮文庫 nex

LITERARY WORK DETAIL 作品詳細

カカノムモノ
カカノムモノ
浅葉なつ/著
灰原薬/イラスト
ケガレを呑むことでしか その男は生きられない。
坂口麻美は悪夢を見ていた。何者かに追われ殺されかける夢だ。使えない後輩に、人を馬鹿にする同僚、図々しい肉親。不愉快なものに囲まれる日常に疲れすぎているせいだろうか? 「いいえ。それはあなたの罪です」突如現れた美貌の青年・浪崎碧はそう告げた。——時に人を追い詰めてまで心の闇を暴き解決する“カカノムモノ”とは。まったく新しい癒やしと救済の物語、ここに誕生。
ISBN
978-4-10-180095-0
発売日
2017年5月 1日

プロフィール

アサバ・ナツ

四国生れ。関西在住。2010(平成22)年第17回電撃小説大賞でメディアワークス文庫賞を受賞し、『空をサカナが泳ぐ頃』でデビュー。『神様の御用人』が人気を博し、同書はシリーズ累計100万部を突破した。他著書に、『山がわたしを呼んでいる!』『サクラの音がきこえる あるピアニストが遺した、パルティータ第二番ニ短調シャコンヌ』『香彩七色〜香りの秘密に耳を澄まして〜』がある。