新潮文庫 nex

SPECIAL 「階段島」シリーズ 河野裕/著 越島はぐ/イラスト

  • 物語

    いなくなれ、群青
    失くしたものは、何か。心を穿つ青春ミステリ。

    11月19日午前6時42分、僕は彼女に再会した。誰よりも真っ直ぐで、正しく、凜々しい少女、真辺由宇。あるはずのない出会いは、安定していた僕の高校生活を一変させる。奇妙な島。連続落書き事件。そこに秘められた謎......。僕はどうして、ここにいるのか。彼女はなぜ、ここに来たのか。やがて明かされる真相は、僕らの青春に残酷な現実を突きつける。「階段島」シリーズ、開幕。

    その白さえ嘘だとして
    あの頃の僕らは、誰かのヒーローになりたかった。

    クリスマスを目前に控えた階段島を事件が襲う。インターネット通販が使えない――。物資を外部に依存する島のライフラインは、ある日突然、寸断された。犯人とされるハッカーを追う真辺由宇。後輩女子のためにヴァイオリンの弦を探す佐々岡。島の七不思議に巻き込まれる水谷。そしてイヴ、各々の物語が交差するとき、七草は階段島最大の謎と対峙する。心を穿つ青春ミステリ、第2弾。

    汚れた赤を恋と呼ぶんだ
    傷つき、泣いて、僕たちは恋をする。

    七草は引き算の魔女を知っていますか――。夏休みの終わり、真辺由宇と運命的な再会を果たした僕は、彼女からのメールをきっかけに、魔女の噂を追い始める。高校生と、魔女? ありえない組み合わせは、しかし確かな実感を伴って、僕と真辺の関係を侵食していく。一方、その渦中に現れた謎の少女・安達。現実世界における事件の真相が、いま明かされる。心を穿つ青春ミステリ、第3弾。

    凶器は壊れた黒の叫び
    君が求めたものは、夢か、幸福か。

    新聞部の創設。柏原第二高校に転校してきた安達は、島で唯一の小学生・相原大地のために部活動を始めることを提唱する。賛成するクラスメイトたちだったが、七草はそれが堀を追い込むために巧妙に仕組まれた罠であることに気づく。繙かれる階段島の歴史と、堀が追い求めた夢。歩み続けた7年間。その果てに彼女が見つけた幸福と、不幸とは......。心を穿つ青春ミステリ、第4弾。

  • 登場人物

    • 七草Nanakusa

      柏原第二高等学校、一年生。階段島での安定した学生生活を気に入っていたが、真辺由宇と再会したことで、島の謎や連続落書き事件に関わらざるを得なくなる。学生寮・三月荘で暮らす。物事を悲観的に捉えることが多い。

    • 真辺由宇Manabe Yu

      高校一年生。純粋で、まっすぐな少女。弱きを助ける正義の味方。小学四年から中学二年までの期間を七草と一緒に過ごすが、転校を機に連絡を絶っていた。階段島で七草と再会する。

    • Hori

      七草のクラスメイト。コミュニケーションが苦手で、口数が極端に少ない。真辺に関して七草に警鐘を鳴らす。

    • 佐々岡Sasaoka

      七草のクラスメイト。快活で人付き合いがいい。常にヘッドフォンで音楽を聴いている。七草と同じ三月荘で暮らしている。

    • 水谷Mizutani

      七草のクラスメイト。クラス委員長。真面目。仕切り屋。チャームポイントはおでこ。

    • 相原大地Aihara Daichi

      小学二年生。明るく素直な少年だが、なぜか勝負事で「勝つ」ことを嫌う。好物は、さつまいもコロッケ。

    • 時任Tokito

      郵便局のお姉さん。和室好き。七草に対して、妙に馴れ馴れしい。

    • ナドNado

      柏原第二高等学校の生徒。いつも屋上で本を読みながらトマトジュースを飲んでいる。応対する相手によって自分の名前を変える。

    • トクメTokume

      七草の担任教師。白い仮面をつけている。

    • 安達Adachi

      高校一年生。現実世界で七草に接触してきた少女。「魔女」のことを調べているが、その行動、言動は謎が多い。

  • 著者紹介

    河野裕Kono Yutaka

    1984(昭和59)年、徳島県生れ。兵庫県在住。グループSNE所属。2009(平成21)年、『サクラダリセット CAT, GHOST and REVOLUTION SUNDAY』でデビュー。2015年、『いなくなれ、群青』で大学読書人大賞を受賞。著書に「サクラダリセット」(全7巻)「つれづれ、北野坂探偵舎」シリーズなどがある。